「だれにもいえないコト~一線を越えてしまった二人は~」岡田コウ

「だれにもいえないコト~一線を越えてしまった二人は~」のあらすじ

臨時採用の先生の家に教え子がやってきた。

無防備な彼女の姿にムラムラしてしまい・・・

「勉強中なのに…そんなにイジられたら…イッちゃう…!」先生と生徒でしちゃダメなのに…なんでこんなに気持ちがいいの…?勉強に集中するためだと言ってはいるが、スカートの隙間から可愛いパンツも見えちゃってる。

思わずプニッと太ももを触ってしまい、怒られるかと思いきや、敏感に反応してアソコもちょっと濡れている?

コイツ…もしかしてその気でウチに来たのか?と、教え子の小ぶりなおっぱいを優しく愛撫し、濡れた入口を指で擦ると、小さな口から吐息と喘ぎ声が漏れてきた…!上がる体温…潤む瞳…ふたりはそのまま一線を越えてしまい…

「だれにもいえないコト~一線を越えてしまった二人は~」レビュー

なにしろこの作品は描写がエロイ。

特にハメっちゃった時のあそことあそこの絵が・・・

こんな描いちゃっていいのですかね??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする